コンテンツへスキップ

バードウォッチングをしながら野鳥のしぐさを楽しむ

友人と野鳥の話しをしていたら、実際に野鳥をみたくなり、山里へ入ってみることにしました。野鳥と言えば、この、かやぶきの宿のご主人が詳しいので、野鳥がたくさんいる場所に連れてってもらいました。今の時期は、川原にたくさん集まっているというので、AM10:30ころ川原にいくと、小さな鳥がたくさん集まっておりました。どんな名前の鳥がいるのか聞いて見ると、シジュウカラ、コゲラ、カワラヒワ、ヒバリ、ホオジロ、イカル、カシラダカなどが待っていると一つの木に一定の間隔をおいて飛んできておりました。みんな、中がよいのか喧嘩もせず、まるで木にとまる順番があるかのように、集まってきております。スマホで撮影しようとしたのですが、スマホで撮影できるような距離に近づくと野鳥たちは逃げて入ってしまいます。ご主人は、一眼カメラに大きなレンズをつけたもので撮影しておりましたが、画像を見せてもらうと、とても可愛く綺麗に写っておりました。カメラのことを少し教えてもらったので、次は、一眼カメラと望遠レンズを購入しチャレンジして見たいと思います。野鳥を可愛く撮影し、ブログなどで公開したらとても楽しい日々をすごせるような気がいたしました。自然の中にいるものを自然に写して多くの人に見せてあげたい!そんな気持ちがしてワクワクしてくるようになりました。ご主人が撮影した野鳥をいろいろ見せてもらったのですが、どれも可愛く写っていて、思わず、友人といいなーって思いました。次に来るときは、一眼カメラを持って野鳥を撮影しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です