コンテンツへスキップ

今の季節は、寒さが終わって、そろそろ梅の花も咲き、季節が春になろうとしております。こんな時期は、体調も変化しやすく体も壊しやすいので、温泉にゆっくりと入ってケアすると病気もせずに春を迎えることができます。私は、今の時期はホテルに泊まって、弱アルカリ性単純温泉がある温泉にゆっくりと入り、体のすみずみまで疲れをとりケアすることを心がけております。今回も体調を整えるためにホテルに予約して温泉にはいってきました。大浴場に行くと、同じようなことを考えている人が多く、お風呂場はとても賑わっておりました。体を数回洗ってから温泉にはいると、近くの人が話しかけてきましたが、やはり、足腰が痛いので温泉に入りにきたと言っておりました。その人の話では、年をとってくると熱い温泉に入ると血圧が上がりやすいので、少しぬるめの温泉にゆっくり長く入ると体に良いみたいです。私も血圧が気になってきたので、熱い温泉はやめてぬるめの温泉にゆっくり入ることにしました。やっぱり温泉にはいって出ると、なんだか体の疲れがとれて実に気持ちがいいものです。皆さんも、そろそろ温泉に入りに行って体をケアした方が良いかと思います。