コンテンツへスキップ

春と言えば、山菜料理がとても食べたくなります。私が育った田舎では、春になると、行者ニンニク、ニリンソウ、フキノトウ、ヨモギ、タラの芽、ノビルなどを天ぷらにしたり和え物にしたりしていただきますが、それぞれ違った味が楽しめます。行者ニンニクは、天ぷらにしていただくと食べたときにニンニクの香りが口いっぱいに広がってとても美味しいです。ニリンソウも天ぷらにしていただくと、もちもちした食感で美味しく、さっと湯がいてから辛子味噌をつけて食べると美味しいです。フキノトウは天ぷらか、炒め物にすると酒のつまみになります。ヨモギは、餅にして食べたり、天ぷらにして食べるのがおすすめです。タラの芽は、そんなに採れないので天ぷらにして塩をつけていただくのがベストだと思います。ノビルは、さっと茹でてから酢味噌和えにしていただくのがおすすめですね。この天然の山菜を料理にして出してくれるのが、かやぶきの宿ですので、ご近所の人達を誘っては春になると訪れております。この季節になるとどうしても食べたくなるものなのですよね。